スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

角砂糖を食べる女の子 

2010/11/18
Thu. 23:05

星野リリィさんの漫画で角砂糖をそれはそれは可愛く食べる女の子・・もとい男の子が登場します。
俺の中では女の子として読んでいる感じがしますが、無性別というか両性というか
、星野リリィさんの書くBLのかわいこちゃんは天使みたいな存在です。そうそう天使という言葉が一番あう。以下天使で、
で、タイトルを忘れたので本棚を探したら見当たらなかった。
で、その天使が、とある国の城で働いており、大勢の妾の中から王様に見初められて呼ばれるんだ。
王様の部屋にあった角砂糖。はじめて食べさせてもらった、その美味しさに感動し、何でも欲しいものをやるといった王様に天使は、じゃあ角砂糖が欲しいです。というのだよ。
なんだって望めばもらえたのに角砂糖。
夢のような幸せな夜を過ごし
そして壷いっぱいの角砂糖をもらった天使。
時がったって戦争にむちゅうになり、天使のことなど忘れてしまった王様。
でも天使は忘れずに、大切に大切にその角砂糖を食べては王のこを想っていたんだ。
でもついに戦争で負けて、みな王のもとを去り国から逃げてしまい、王様は一人ぼっちに。
たった一人、天使だけが王のもとに残ったんだ。
天使のことなど忘れてしまった王様。
『お前は誰だ?まだ残ってたのか?お前も早く逃げろ』(的なことを言っていたきがする)
でも天使は王のもとを離れず、『思い出してください』
と言って、残っていた角砂糖を王に食べさせるんだ。
そして、王は思い出すんだよ、天使を。
ああ、なんでお前のことを忘れていたんだってね。で、めでたしめでたし幸せに二人は暮らしました。
っていうおとぎばなし。
ここの王はどうしょうもないやつで、腹がたつのだが、この天使がむっちゃ可愛いんだ。
この漫画、ファンタジーの短編集でとても可愛い話がいっぱいで好きなんだ。
中でも頭から翼がはえちゃう天使のお話が大好き。そこのヒーローが好きだ。
愛する天使の為に命も犠牲にしてしまう漢前vvコスしたいくらい(笑)
って、話それたんだけど、
角砂糖を食べる女の子が、ものすごく可愛いイメージだったわけだよ!
で、この漫画だけではなく、昔みた洋画にもやはり角砂糖を食べる外人の可愛らしい少女が登場したりと
角砂糖と女の子っていう掛け合わせはすごく可愛いんだ。
でもね、まさか現実に角砂糖をかじる子がいるなんて思わないだろ?
まず、自分でも砂糖をかじりたいなど思いもよらないわけだ。
そ・れ・が いた!目の前に!二人も(爆)
びっくりしたけど、本当にいるんだ!?という、なんか感動を覚えた(笑)
二人ともごめんなさい!って恥ずかしそうにやめちゃったけど、
いや全然大丈夫だよ、可愛いから、食べていいよって言ったんだよね。
そりゃあ、ボリボリバクバク食べてたら止めるけどね、
本当に可愛いと思っていたとは思わないだろうなー(笑)

ていう 角砂糖ってかわいいアイテムだなぁと思ったていう話vv


そして、余談だけど、ブログペットが12月15日でいなくなっちゃうらしんだ!!!(号泣)
がーーーんがーーーんがーーーん 
このブログを始めたかなり早い時期から飼い始めたリヴァー様・・もう4年近く一緒にいたのに・・
うわああああん たかがブログペット・・されどペットなんだよ!!
ぺージを開くとさ、LICHTだ!とかRION大好き!とか言ってくれる可愛いペットだったのに・・orz
この別に何をするわけでもなく居るだけの彼らなんだけど、クリックするとしゃべったり、
なんかよくうなってたり、寝言言ったり、電波な俳句読んだり・・なんかけっこう可愛かったのに!!!
こう誰にも迷惑かけずに地味に遊べる感じとか、この地味な可愛さ加減が気に入っていたのに・・!!!
ディノさんなんか、まだ生まれて数ヶ月だよ!!!あんまりだ・・あんまりだあんまりだ(涙)
ペットロス症候群になったらどうしよう・・。←なるなよ
とりあえず、管理会社にやめてくれーと訴えてみるか・・ううう


















スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://eternalonlylove.blog43.fc2.com/tb.php/409-e771380b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。